株の売買のタイミングを正確に知るポイント

できるだけ株価が安い時に購入し、高くなった時に売ることで株トレーダーは利益を得ます。その差額が大きくなるほど利益も大きくなります。逆に購入した時よりも安い金額で株を売った場合は損失が発生してしまいます。そのためにはなるべく売買タイミングを正確に見極めることが求められます。

売買タイミングを見極めるポイントの一つに板を読むことになります。板にはその株の気配値などが記載されています。どの値段で買いたい人がいるのか、それともどの値段で売りたい人がいるのかなどを見極めることができます。

買い気配が高い株に関しては特別注文などが表示されることもあります。特別注文などが板に出た場合にはその株の値段は大きく変動することになります。時にはストップ高になる場合や、売る気配値が高く特別注文が出た場合にはストップ安になることも珍しくないでしょう。

板を読む他に売買タイミングを見極める方法としてはチャートを読むことになります。チャートはただ単位値段に基づいたロウソク足が表示されているだけでなく、移動平均線等も表示されています。これを見て売るタイミングや買うタイミングを知ることもできるでしょう。また、法則なども種類が豊富にあり、法則通りに株価が変動することもあります。

株のトレードを始めるためには

株のトレードをするためには、株の売買ができるように、証券口座を作って利用するのが一般的です。証券口座を所有するためには大手の証券会社かネット証券などを利用することになります。

マネックス証券やSBI証券、楽天証券などに代表されるネット証券ではインターネット上で証券口座の手続きを済ませることが出来ます。当然ではありますが未成年である場合は親の同意を得ることが求められます。また本人確認などをするために運転免許書などの書類の提出が必要になります。しかし、少ない手続きで証券口座を所有することができ、また、証券口座を作る際に費用などは発生しません。

ネット証券の証券口座を所有するとスマートフォンやタブレットなどでもトレードをすることできます。トレードができる専用のアプリケーションなどがストアに配布されているので、無料でアプリケーションをダウンロードして使用することが可能です。株価の値動きなどをリアルタイムで知ることができ、また、株の売買なども端末で行うことができるのでネット証券で口座を開設すれば株のトレードを簡単に行うことができます。これからトレードを始めようと思われている方は、手軽に始めることのできるネット証券で証券口座を作られてみてはいかがでしょうか。

株のトレードとは

これから株を購入してトレードをしてみようと思われている方もいるでしょう。株は、証券口座を持っており、資金がある方であれば個人でも購入することができます。一般的に株を購入する場合単位があり、多くの企業では100株や1000株から購入することができるようになっています。

トレードと聞くと危険なイメージを持たれている方もいます。確かに信用取引であれば所持している金額よりも高く株を購入することができるので借金を背負うこともあるでしょう。しかし、現物取引であれば持っているお金でトレードすることになるため、資金が減ることはあっても、借金を負うリスクはないのです。そのため、予算の範囲内であれば安全に取引をすることができます。

株価は常に変動します。会社の決算などに株価が左右されることや、原油を扱う企業においては原油価格の変動で株価に影響を与えることもあるでしょう。また、自動車などを輸出している輸出関連企業であれば為替の変動によって株価が変化することもあります。この株価の変動を利用し、個人投資家の中にはトレードをすることによって利益を上げている方もいます。

当然ではありますが株価は上がるだけでなく、下がることや、横ばいの状態になることもあるためトレードを始めれば誰でも利益を出すことができるということではありません。ここまで株の基本的なことについて述べましたが、これからトレードを始める方法と株の売買タイミングを正確に知る方法を紹介します。