株のトレードとは

これから株を購入してトレードをしてみようと思われている方もいるでしょう。株は、証券口座を持っており、資金がある方であれば個人でも購入することができます。一般的に株を購入する場合単位があり、多くの企業では100株や1000株から購入することができるようになっています。

トレードと聞くと危険なイメージを持たれている方もいます。確かに信用取引であれば所持している金額よりも高く株を購入することができるので借金を背負うこともあるでしょう。しかし、現物取引であれば持っているお金でトレードすることになるため、資金が減ることはあっても、借金を負うリスクはないのです。そのため、予算の範囲内であれば安全に取引をすることができます。

株価は常に変動します。会社の決算などに株価が左右されることや、原油を扱う企業においては原油価格の変動で株価に影響を与えることもあるでしょう。また、自動車などを輸出している輸出関連企業であれば為替の変動によって株価が変化することもあります。この株価の変動を利用し、個人投資家の中にはトレードをすることによって利益を上げている方もいます。

当然ではありますが株価は上がるだけでなく、下がることや、横ばいの状態になることもあるためトレードを始めれば誰でも利益を出すことができるということではありません。ここまで株の基本的なことについて述べましたが、これからトレードを始める方法と株の売買タイミングを正確に知る方法を紹介します。