株の売買のタイミングを正確に知るポイント

できるだけ株価が安い時に購入し、高くなった時に売ることで株トレーダーは利益を得ます。その差額が大きくなるほど利益も大きくなります。逆に購入した時よりも安い金額で株を売った場合は損失が発生してしまいます。そのためにはなるべく売買タイミングを正確に見極めることが求められます。

売買タイミングを見極めるポイントの一つに板を読むことになります。板にはその株の気配値などが記載されています。どの値段で買いたい人がいるのか、それともどの値段で売りたい人がいるのかなどを見極めることができます。

買い気配が高い株に関しては特別注文などが表示されることもあります。特別注文などが板に出た場合にはその株の値段は大きく変動することになります。時にはストップ高になる場合や、売る気配値が高く特別注文が出た場合にはストップ安になることも珍しくないでしょう。

板を読む他に売買タイミングを見極める方法としてはチャートを読むことになります。チャートはただ単位値段に基づいたロウソク足が表示されているだけでなく、移動平均線等も表示されています。これを見て売るタイミングや買うタイミングを知ることもできるでしょう。また、法則なども種類が豊富にあり、法則通りに株価が変動することもあります。